ワキガの原因って何?治療法には何があるの?

ワキガは症状であり病気ではありませんよ

ワキガには臭いというものがあるため汗の悩みを抱える人にとって深刻な問題ですよね。ワキガは治療を行えば症状を抑える効果を得られるのですが、治療と言うと病気と言ったイメージがありますよね、でもワキガは病気ではなく汗による症状です。アポクリン汗腺と言う部分から分泌される汗がワキガの原因です。但し、アポクリン汗腺から分泌される汗自体には臭いはなく、皮膚にある雑菌と混ざり合わさり、それが分解されると腋臭と言う臭いが出てくるのです。

症状が軽度なら汗を抑え殺菌で臭いをシャットアウト

ワキガの症状の中でも自分では臭いが良く解らないと言うケースもあります。例えば、家族から臭うと言われてワキガの症状がある事を知らされるケース、白いシャツを着た時に、脇下部分が黄ばみが出来ていて、それの臭いを嗅いだ時に腋臭だと解るケースなどです。かすかに臭うワキガの症状の場合、手術をしても効果が解らないケースもあり、症状を抑える方法で対処するのが良いと言われるケースもあります。軽度の症状などの場合は、汗を抑え、黴菌の繁殖を防ぐ方法がお勧めですよ。

ワキガクリームは臭いを抑えるのに最適です

ワキガクリームはアポクリン汗腺から分泌される汗を抑える作用と皮膚の常在菌を繁殖させない殺菌作用を持ちます。そのため、症状に応じてワキガクリームを利用すれば臭いを抑える効果にも繋がりますし、白いシャツを着た時に脇下が黄色くならずに済むと言うメリットがあるわけです。但し、ワキガクリームを選ぶ時には保湿効果を持つ製品を選ぶのがお勧めです。保湿を行うと汗の量を抑える作用があるからで、乾燥させるよりも保湿を行った方が抑えられるのです。

脇汗は、それ自体は水分と塩分のため匂いはついてません。 それが皮膚に付いている常在菌によりわきがが発生してくるのです。